2010年01月01日

アイスコーヒーを楽しむ3つのポイント

ポイント1
味の濃度を強めに抽出する。

人間の味覚は冷たい物に対しては、
微妙な味の変化を読みとれません。

人間の舌が味を、味の変化をもっとも敏感に
感じることができる料理の温度は、体温の温度、

つまり30度前後です。この温度の料理は甘みや酸味、苦味など、
その微妙な味の変化を感じることができます。

しかし温度の低い料理や飲み物は、それほど微妙な味の変化を
人間の舌は見分けることができません。

そのためアイスコーヒーにした楽しむ場合、
ホットの時より意識的に味の濃さを強くする必要があります。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。